[ 公式 ]ヴィークコート本山 鏡池通|新発表|21邸|見付小学校徒歩3分 家族も私もいちばん輝くレジデンス|清水建設グループの新築分譲マンション

VIEQU COURT ヴィークコート本山 鏡池通

物件概要

現地案内図

資料請求はこちら

資料請求

石橋蘿窓や刑部陶痴など
文化人が居を構えた「見付学区」。

見付学区は、昭和57年、東山小学校分校が見付小学校として独立したことにより誕生した千種区でいちばん新しい学区。
「見附」の名は、藩政時代、中秋の名月に宴が張られた月見坂の正面に位置していたことからついたといわれ、石橋蘿窓や刑部陶痴らの文化人が居を構え、風雅な生活を送ったとされています。
昭和13年には鏡ケ池の東側に名古屋帝国大学の木造校舎が建設され、池下―東山公園間の地下鉄が開通後、41年に名古屋大学の各学部の移転が完了。一大文教地帯となりました。

出典:千種区ホームページ(2019年8月現在)

▼本山周辺の教育施設

名古屋大学や南山大学、見付小学校、城山中学校、名古屋大学中・高等学校など、現地周辺は数多くの教育施設が集積する「文教地区」。
名古屋市内では非常に稀少な落ち着いた雰囲気が街を包み込みます。

都心では手に入らない、
上質な住環境「文教地区」に隣接。

見付学区は、昭和57年、東山小学校分校が見付小学校として独立したことにより誕生した千種区でいちばん新しい学区。
「見附」の名は、藩政時代、中秋の名月に宴が張られた月見坂の正面に位置していたことからついたといわれ、かつては、石橋蘿窓や刑部陶痴らの文化人が居を構え、風雅な生活を送ったとされています。
昭和13年には鏡ケ池の東側に名古屋帝国大学の木造校舎が建設され、池下―東山公園間の地下鉄が開通後、41年に名古屋大学の各学部の移転が完了。一大文教地帯となりました。

出典:千種区ホームページ(2019年8月現在)

「ヴィークコート本山鏡池通」の建設地は、文教地区に隣接しています。建邸宅街と呼ぶに相応しい住環境が目前に広がり、その上質な住環境を享受することができます。利便性と静謐さが両立する、名古屋都心部では手にはいらない価値のひとつです。

名古屋市文教地区 概念図

※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。
※掲載の環境写真は2019年4月に撮影したものです。
※名古屋市特別用途地区は将来変わる場合があります。